ギフト選び

ギフトを贈ろう!

感謝の気持ちを込めて贈るギフト

引き出物は披露宴に出席していただいた招待客に、感謝の気持ちを込めて贈る品物です。
引き出物は両家から、引き菓子は新郎新婦からのギフトとされています。
引き出物を選ぶ際は、自分がもらって嬉しいもの、実用的なもの、軽くてかさばらないものを招待客の立場になって選びます。
以前は全員に同じものを贈るのが一般的でしたが、さまざまな立場の人がいる中で皆に喜んでもらえるのは難しくなっています。
最近では男女別、年代別、親戚、友人、会社関係など、分けて品物を贈る「贈り分け」が増えています。
引き出物の手配の方法は、会場で用意されているものから選ぶ、外部で購入した品物を持ち込むなどがあります。
会場によって、持ち込みができない場合や持ち込み料が発生する場合があるので、事前に確認をしておくようにします。
金額は、ご祝儀の10分の1が目安です。
地方によっては、重くてかさばるものが良いとされているなど、引き出物とは別に慣習で縁起物とされるかつお節、赤飯を贈る地域もあります。
二人だけで決めてしまうのではなく、双方の両親ともよく相談したうえで決めるのがいいでしょう。
夫妻の場合は贈り分けをし、一人で出席する招待客より、高価なものを選ぶ傾向があります。
全員に同じ引き出物を渡す場合は、目安金額に達するよう、品物を1品追加して贈るのも気遣いが伝わります。

評価の上がるギフト選び

大切な人へのギフト選び、とても迷いますね。
受け取った方は、贈られた品物から贈ってくれた人の人となりを感じるものですから、相手の方の背景を考えた上で、自分の印象アップに繋がるものを選びたいですね。
まずは時期を逸さないことはとても大切なことに思います。
お祝い事であれ季節のご挨拶であれ、あまりにも時期が外れるのはお相手の方へ少々失礼にあたります。
お誕生日プレゼントも、当日に届けば「覚えていてくれた」という思いも嬉しさに拍車がかかることでしょう。
予算があまりない、けれどチープなものを渡したくない・・・という場合は市場的に商品単価が低いものを選びましょう。
つまり、セーターであれば「よいものを」と思えば2万円3万円ときりがないものですが、ハンカチやハンドクリームとなれば5000円で一般的なものよりかなり質の良いものを購入できます。
小さな質の良い贈り物は、お相手の方に普段はなかなかしない贅沢な心地や日常から離れた夢も贈ることになるでしょう。
そのためにも、普段から質の良いものの情報を集めておくことはとても大切です。
流行しているもの、定番で常に評価の高いもの、そういうアイテムの話には常にアンテナをはっておくようにしましょう。


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_BB/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/qlmpeyj0/public_html/inc/randlink.php on line 12